アスイク 代表のブログ

こどもの貧困問題、NPOの経営、生き方在り方などについて。

「新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急食糧支援プロジェクト(第1弾)」 ご協力のお礼とご報告

3月から開始した緊急食糧支援プロジェクトのご報告です。

下記の通り、たくさんの方から資金、食品のご寄付をいただいたおかげで、延230のご家庭に食品をお届けすることができました。

 

  • 今回のプロジェクトに対する寄付

期間:2020年3月6日~2020年3月17日

資金寄付:1,763,000円(57件)

食品寄付:24件

 

  • 寄付の活用状況

提供期間:2020年3月6日~2020年4月3日

提供数:延230件

寄付金の使途:1,671,598円(食材費1,406,534円、配送費等265,064円)

※収支差額は今後の食糧支援に繰越しさせていただきます。

 

スタッフが寄付してくださった方々へのメッセージカードを作ってくれました。保護者のコメントもいくつかピックアップしていますので、ぜひご覧ください。

f:id:Yusuke_Ohashi:20200421192307j:plain

 

また、今回の食品提供を通して、アスイクが関わっているご家庭が置かれた状況も見えてきました。以下に、一部をご紹介します。

 

  • 食料提供したご家庭の状況

 

  • 実母は就労しているが休校措置となり、昼食代等が加算され月の生活費をオーバーしている状況。そのためお米が欲しいと実母より相談あり。
  • 生活保護。元々困窮度は高めであったが本人と実弟が在宅になり食費が増加した。
  • コロナウィルスの影響で職場は閉鎖され、本人の学費の支払い等で生活費もない。自身も体調が悪く米も二合しか家にない。
  • 飲食店にて就労していたが、感染症の影響を受け利用客が減り勤務が減少。子ども(兄妹)がいるが休校となり食費が増加。具体的にお米が欲しい。
  • 休校により食費が増加、生活費が賄えないと相談あり。
  • 兄弟が3人おり、休校による食費の増加が生活費に響いている。当面の経済的な見通し立たず不安を感じていた。
  • 実母の就労が不安定。実妹が在宅になり食費がかさんでいる。
  • 実母の体調が悪く本人たちが食べられるものが欲しい。
  • 飲食店勤務のため勤務日数を減らされており、家計が苦しい。食費や光熱費などがかさみ困っていた。食材が欲しい。
  • 実母は障害者施設で就労。就労時間に変化はないが、本人がいるため食費、光熱費がかさむ。
  • 困窮度高め。在宅により食費がかさむ。
  • 在宅により、食費がかさむ
  • 実母体調不良。自分たちで食べられるものが欲しい。
  • 実母の術後に膝の調子が悪く、買い物に行けていない。休校もあり、食材が足りない。
  • 日中就労しており、昼食を作りに一時帰宅しているが、仕事に影響が出てきている。自分で調理して作れるような食材があると助かると思った。
  • 本人と実弟が自宅におり、おにぎりなどを作っているが追いつかない。
  • 休校に入り食事が増し、現状既にひっ迫している。できれば早めに欲しい。
  • 休校になり、生活費の負担が多くなっている。どの食材でも良いので可能ならば欲しい。
  • 休校になり、生活費の負担が多くなっている。2月に実母がけがをしており収入が少ない。そのためますます困窮している。
  • 今回の休校により就労に影響はないが、経済的な負担があるため必要。
  • 休校により本人と小5の弟が簡単に食べられるものが欲しい。就労していてなるべく簡単に作れるように準備はしていくが、心配。
  • 休校により家にいる時間が増えた(兄妹)。食費も増えたが、家にいることで光熱費が増えている。仕事はとりあえず影響は少ないが、子ども達の昼食がカップラーメンが多くなっている。
  • 昼食を用意する必要があり、家事負担が増加。経済的な負担もあるため、可能なら簡単に調理して食べられるものが欲しい。
  • 給食が無くなって子ども2人の食事が必要になり負担となっている。長女が自立し、生活保護費が家賃引いて13万となったが、本児の私立高校入学に伴い出費があり生活費が賄えない状況。又、実母は現在手指骨折中で、家事がままならない状況。
  • 今回の休校により就労に影響はないが、経済的な負担があるため必要。
  • 今の所子供達にストレスはさほどなさそうだが、長期化しそうなため不安がある。仕事も思うようにできず悩ましい。食料支援についてのメールに感謝している。
  • 今回の休校により就労に影響はないが、経済的な負担があるため必要。
  • 仕事を休めず、昼食を用意するのが困難。簡単に食べられる食材があると助かる
  • 子どもが4人おり、休校中の食費負担増加。仕事があり、昼食を用意するのが難しく、簡単に子ども達が食べられるものが希望。
  • 休校による食費の負担の増加。
  • 子ども達が簡単に調理できるもの希望。
  • 休校により昼食代の負担が増えた。お弁当は高いので買えない。
  • 経済的な負担(食事代や光熱費)が増えた。仕事はしているが、母自身仕事前に昼食の準備をしているが、身体的な負担も増えている。
  • 今回の休校により就労に影響はないが、経済的な負担があるため必要。
  • 食費が増えた。又、仕事の勤務・収入が激減してしまった。
  • 休校により昼食代の負担が増えた。お弁当は高いので買えない。
  • 収入に影響はないが、育ち盛りの本人たちがおり圧迫している。
  • 本人が食べれるもの
  • ラインも見ていたが毎日の食事に困っている。勇気を出して問い合わせた
  • タイムライン見たと。食料、とても助かりますと。
  • 休校に加え、母が化学治療により外に出ることが出来ないためとても困っている
  • 休校に伴いお昼ご飯を毎回作るため、子どもたちの食費がかさんでいる。
  • 休校により子どもたちの食費が増えて困っている
  • 本部電話に入電。食料支援について希望。
  • コメの減りが普段の倍以上。子どもたちの食費がかさんでいる
  • 小学生の子どもでも調理しやすいものを希望
  • レトルト食品や簡単な調理で作れるもの希望
  • 子どもが一人で作れるもの
  • 子どもが4人いるため、特にお米が足りない。
  • 簡単に調理できるもの。
  • 本児は不登校で直接的な影響はないが、妹もおりやはり少なからず家計への影響はある。
  • 兄弟4人。毎日の準備で大変なのでありがたい
  • 休校の影響で子どもの昼食が気がかり。家計にもとても助かる。
  • 7人家族で給食も無いため,家計がひっ迫。学サポ卒業になるので対象外かと思って連絡していなかった。
  • 生活保護。元々困窮度は高め。日中の食事の準備や食材が無い。カップラーメンなど簡単に食べられるものだと助かる。
  • 昼食の持ち出しも多く、経済的に苦しい。食料は大変助かる。ぜひお願いしたい。
  • 三家族でそれぞれの子どもたちの面倒を見ているため、食費がかさむ。小学生も多く大変
  • 4人家族。レトルト食品もらえるとありがたい。
  • 前回同様だが、下の弟に発達障害がありお湯を沸かして入れてという作業が難しく心配。冷食が多いと助かる。
  • 2人家族。家ではガスコンロは使用させないようにしている為、レトルトや冷食があるとありがたい。
  • 母親求職中で、経済的困窮高い。
  • 母が難病、同様の病のひとり親家庭の知人と分け合いたい。
  • 7人家族で食費がひっ迫している。
  • 前回も申し込み。実母が足が悪く前回とても助かった。
  • 困窮度合高い。父子家庭で父無職、福祉サービスにもつながれていない。

 

残念ながら、このプロジェクトを開始した当初から状況は悪化の一途をたどっています。

経済的なひっ迫感が、保護者の健康や子どもとの関係に影響を及ぼし始めています。

詳細は後日アップしますが、第2弾として食糧支援とご家庭の見守りを合わせたサポートを開始しますので、引き続きお力添えいただければ幸いです。

 

先行して第2弾用のご寄付も受付させていただきますので、お知り合いへのシェアなどよろしくお願いいたします。

※第2弾は配送量が多く、効率的でスピーディに家庭にお届けするために、食品ではなく資金のみの募集とさせていただきます。

 

【食料購入費用のご寄付先】

ゆうちょ銀行からお振込みの場合

記号・番号 02210-8-142057

ゆうちょ銀行以外からお振込みの場合

銀行 ゆうちょ銀行
支店 二二九 店(ニニキユウ店)
口座番号 当座 0142057

【お願い】

落ち着いたころにお礼をお伝えしますので、お名前、ご住所、電話番号を明記いただければ幸いです。

その他、ご不明な点は、admin@asuiku.orgまでお願いいたします。