アスイク 代表のブログ

こどもの貧困問題、NPOの経営、生き方在り方などについて。

「あたりさわりのない第3者」の価値

物腰のやわらかな素敵なNPO法人の理事長とお会いしました。

 

ちょっと精神的に疲れてしまったり、いろいろな問題を抱えている大人や若者の就労支援をしているNPOで、その方も精神保健福祉士の資格をお持ちです。

(念のために書いておきますが、僕がカウンセリングをうけたワケではないですよ)

 

その素敵な理事長さんが言うには、うつや引きこもりなど、いわゆるメンタル不全の芽のようなものは、中学生ぐらいから生まれ始めるのだそう。

 

ニートや引きこもり、あるいは精神的な問題をかかえている大人、若者を見ていると、若いうちにその傾向があった人も決して少なくないというお話でした。

 

その原因はさまざまでも、誰かにSOSを投げられたり、本音を聞いてもらえたりすることが、メンタル不全の芽を伸ばさないために有効らしいです。

 

でも、そういう年代の子どもって、親はもちろん、「評価する人」として利害関係のある学校の先生にもなかなか本音は話さない。

(たしかに自分もそうだったなぁ〜と、可愛さのかけらもない少年時代を思い起こします)

 

時にスクールカウンセラーでさえも、利害関係のある「学校側の人」とみなされることも少なくないとのこと。

 

じゃあ学校の友達は、というと、これは関係の濃淡によってさまざまだと思いますが、友達こそ最大の利害関係者である場合も少なくないでしょう。

 

多くの子どもにとって、親、学校の先生、友達(先輩後輩)が人間関係のトライアングルで、この三角形のどの頂点にもはじき飛ばされてしまうと、真ん中でじっとうずくまるしか(あるいは暴れるか)しかなくなってしまいます。

 

これは現代っこ、多くに当てはまる状況だと思いますが、お金の問題や、それに付随する親子関係の問題など、複雑に入りくんだ状況で生活している子どもは、なおさらこのトライアングルがうまく機能しにくいのが、現実でしょう。

 

そんなときに必要なのが、「あたりさわりのない第3者」。

あたりさわりのない、という表現が最適かどうかはわかりませんが、本音で話しても大して不利益にならない人であることが重要なのかもしれないと思います。

 

もちろん所詮は他人なので、だからといってホイホイと本音をぶちまける子どもはいません。でも、ずっとあたりさわりのない関係を続けていくと、ぽろっと本音がこぼれることがあります。

 

その「ぽろっとこぼれた本音」を評価するわけでもなく、無用なアドバイスをするわけでもなく、ただ一生懸命聞いてあげること。それが、メンタル不全の芽を伸ばさないことにつながります。

 

私たちの組織で、子どもとかかわりを持っているボランティアのみなさん。みんな素晴らしくマジメで、素晴らしくマジメであるがゆえに、時として自分がやっていることに悩みや迷いを感じてしまう方もいます。

 

でも、そんなときには、まず『学校の先生でもなく、親でも友達でもない、「あたりさわりのない第3者」である自分そのものに、すごく大きな価値がある』。そう思ってもらいたいな、と。

『「ぽろっとこぼれた本音」を、ちゃんと拾って、でも評価もアドバイスもせずに、聴いてくれることに、さらに大きな価値がある』。そんな風にとらえてもらいたいな、と。